シムス位 不眠

MENU

不眠気味でもシムス位は効果あるの?

 

妊婦さんはホルモンの関係で眠たくなることがありますが、人によって不眠が続くことがあります。

 

 

妊娠中に多く分泌される黄体ホルモンは子宮の筋肉を緩める効果がありますが、むくみやすくなったり便秘になったりします
その他に黄体ホルモンの関係で眠気がしょっちゅう来ることもありますが、逆に黄体ホルモンの影響で自律神経という眠りに関係のある神経がバランスを崩し、眠れなくなることもあるそうです。

 

 

黄体ホルモンは妊娠初期からたくさん分泌されるものなので、早い人はつわりより先に不眠に悩まされることになります。
想像しただけでもツラそうですね。

 

 

自律神経やイライラなどで眠れない時こそシムス位は効果を発揮します。
シムス位はヨガの最終ポーズ瞑想で使われるポーズでもあり、リラックス効果は抜群!!

 

 

不眠
また抱き枕を使ったシムス位をすれば不眠症の人も解消できる程抱き枕には安眠効果があり、良質な睡眠をとれると言われているので、妊婦さんにもオススメ。

 

 

腰痛やだんだん大きくなるにつれ圧迫される子宮の裏側などもシムス位のポーズで眠ると痛みが緩和されるのでオススメです。
具合が悪くなった入院患者を安静にする目的でもシムス位は使われているので是非取り入れてみてください!

 

 

 

 

赤ちゃんの胎動でもシムス位は効果ある?

シムス位,目的,効果,不眠

またお腹が大きくなってくると赤ちゃんの胎動が始まります。
活発に動いて嬉しい半面、痛くて眠れない妊婦さんもいます
胎動による腰痛に悩む妊婦さんも多く痛み緩和目的のヨガも根強く人気があります。

 

 

赤ちゃんの中には夜眠る前から胎動が活発になる子もおり、そんな妊婦さんは子宮が苦しく胃が引っ張られるような、また圧迫されるような感覚になるそうです。

 

 

それではなかなか眠れませんよね。なるべく胎動の静かな時間帯に寝溜めすることも病院では推奨されていますが、働く妊婦さんもいるので睡眠時間がろくに取れないこともありますよね。

 

 

そんな時は仰向けで寝るよりはシムス位で寝るのをオススメします。
個人差ありますが、シムス位で眠ると赤ちゃんの胎動も少し大人しくなり赤ちゃん自体がリラックスするのではないか、と言われています。

 

 

また蹴る方向もありますが、横向きに寝ていた方が痛みが感じにくくなります。
お腹が痛くなったらエビのように丸くなって眠ると痛みが緩和されやすく、実はあの体勢もシムス位なんですよ。

 

 

なので、胎動で不眠気味の妊婦さんにもシムス位はオススメ
お腹が大きくなりすぎてマタニティーヨガすることが出来ない、仕事で忙しいといった妊婦さんにもシムス位は横になるだけなので楽チンですね♪

 

 

 

 

 

関連ページ

腰痛対策にも
妊婦さんお悩みの一つは腰痛ですね。シムス位はこの腰痛対策にもオススメなのです。
簡単!シムス位のやり方
シムス位のやり方を簡単にレクチャーします!
赤ちゃんは大丈夫?
「シムス位が妊婦さんにとってオススメなことはわかったけど赤ちゃんにとって問題ない?」そんなあなたの疑問にお答えします。
シムス位の注意点・欠点
シムス位は妊婦さんにとって大きな助けとなりますが、その効果を活かすために覚えておきたい注意点などをまとめました。