シムス位

MENU
寝具メーカー西川リビングが妊婦さんの寝方トラブルを解消!
赤ちゃんに負担が掛からない、あなたの眠りやすい姿勢も見つかる。
ただ今感謝キャンペーン中!送料込で6,000円!
公式サイトの購入ボタンからキャンペーン詳細を確認できます♪以下の画像をクリック!



なぜシムス位がむくみに効果的なの?

 

むくみで悩む妊婦さんにオススメの体勢がシムス位。
形は、こんなポーズです。

横

 

 

お腹が大きくなる、つまり子宮が大きくなるにつれて、その重みで骨盤から下の静脈が圧迫されてしまいます
血液の流れはおおまかに、心臓を中心に動脈から流れて全身を通り静脈から心臓へと流れます。

 

 

心臓

シムス位,目的,効果

動脈経由

シムス位,目的,効果

静脈経由

シムス位,目的,効果

心臓

 

 

こんな流れです。

 

 

つまり、かえってくるための静脈が大きくなった子宮により圧迫されて血流が悪くなると、そう、むくみやすくなります

 

 

妊婦さんは脚がむくみやすいと言われていますが、それは普段より血流量が1.5倍とたくさんの血液が流れるからです。
その流れを子宮の圧迫でせき止められると、どんどん血液が溜まりむくんでしまいます。

 

 

ひどくなると静脈瘤という血管が浮き出たり、一部がコブのような症状になり、自然治癒が難しいと言われています。
そうなるとスカートが履けなくなったり、場合によっては手術の必要性があります。

 

 

たかがむくみといっても痛くて眠れないといった重症になることもあるので、横になる時は仰向けでなくシムス位で子宮を圧迫しないむくみ防止を目的とした体勢でいる事が大切です。腰痛にも効果大なのでオススメですよ!

 

 

マッサージやむくみ防止のくつ下も効果ありますが、1番楽な方法はシムス位でむくみ防止効果をお手軽に実行して楽しい妊娠ライフを送りましょう♪

 

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2378409342489906"
data-ad-slot="3940643471"
data-ad-format="auto">

なぜ妊婦さんはむくみやすいの?

 

妊娠すると体質変化があります。
むくみやすくなった妊婦さんはホルモンの関係かもしれません。
ホルモンの影響でもシムス位のポーズでむくみ防止効果があります

 

 

妊娠すると黄体ホルモンがたくさん分泌されます。
このホルモンは赤ちゃんがスムーズに成長するように、子宮の筋肉部分を緩める効果があります。

 

 

赤ちゃんが大きく成長する目的があり、子宮の筋肉がゴム風船のように大きく緩まるのですが、静脈の血管壁と呼ばれる部分も抑制してしまいます。
動脈静脈

 

カラダには動脈と静脈が流れていますが、動脈は弾力性があり潰れにくく、静脈はあまり弾力性がなく壁が薄く圧迫されやすいそうです。

 

 

食べ物で例えるなら、動脈はモチモチのペンネパスタみたいな静脈は柔らかいきしめんみたいな感じです。

 

 

そのきしめんが妊娠中はさらに柔らかくなり、動きが鈍く血液を送るポンプの役割をする静脈弁という部分もホルモンの関係で鈍くなります。

 

 

すると血流の流れが悪くなり、むくみやすい状態になります。
お腹が大きくなるにつれ、子宮が静脈を圧迫するので仰向けの姿勢で眠るよりシムス位で血流をよくする必要性があります

 

また妊婦さんはホルモンの変化で腰痛になりやすく、仰向けで眠れない人にもシムス位は腰痛を和らげてくれるのでオススメ。
リラックスしながらむくみや腰痛を目的とした効果が出るので無理なく続けられるので、実践してみてください♪

 

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2378409342489906"
data-ad-slot="3940643471"
data-ad-format="auto">

シムス位について記事一覧

 

妊婦さんはお腹が大きくなるにつれ、腰痛に悩まされます。それは重たいお腹を支えようと重心がズレるからです。そうなると、座っていても痛くなるのでシムス位でリラックスしましょう。イラストのようにお腹を支えるために重心が腰位置で変わり、反り腰になりやすいです。そうでないと、前かがみになってしまいますよね。反り腰になると、仰向けで寝るのはもちろんの事普通に座るのも辛く、背中まで痛みが広がることもあります。ま...

 
 

妊婦さんはホルモンの関係で眠たくなることがありますが、人によって不眠が続くことがあります。妊娠中に多く分泌される黄体ホルモンは子宮の筋肉を緩める効果がありますが、むくみやすくなったり便秘になったりします。その他に黄体ホルモンの関係で眠気がしょっちゅう来ることもありますが、逆に黄体ホルモンの影響で自律神経という眠りに関係のある神経がバランスを崩し、眠れなくなることもあるそうです。黄体ホルモンは妊娠初...

 
 

それではシムス位のやり方のポイントです。-->-->上半身はうつぶせ、お腹より下の下半身は横向きに-->-->静脈が圧迫されないように左下にすること-->-->手は後ろでも前でも構いません-->-->シムス位は左側臥位とも言われます。Aのポイントでもあるように左を下にするのは下半身の静脈を圧迫しないため。むくみが特に気になる妊婦さんは左下の体勢でシムス位をするように気をつけましょう。完全な横向きと...

 
 

でもシムス位の体勢って赤ちゃんに影響ないの?うつぶせで圧迫しちゃうんじゃないの?赤ちゃんは羊水で守られているからシムス位は大丈夫妊娠中は不安なことばかりですよね。でもシムス位には心配ありません。むしろ、胎児のために良かれと仰向けで寝ることの方が母体を圧迫し、赤ちゃんに栄養が十分に行き渡らないこともあります。また仰向けで寝ることで寝苦しいと感じる時、お腹の胎児が酸素不足になる可能性もあるので気をつけ...

 
 

シムス位のデメリットや欠点はほとんどありませんが、あえて挙げるとすれば、医師の指示が最優先と言うことを覚えておきましょう。例えば妊娠したものの逆子だったとします。医師から見てこの体勢で寝ると治りやすいかも…と判断されたらまずはその通りに従いましょう。確かにシムス位で逆子が治った、などと言った口コミもありますが、それよりも逆子の場合は医師の判断を最優先にしましょう。それからシムス位のポジショニングと...